血糖値を下げる方法を徹底検証

健康診断や人間ドックで血糖値が高いと診断されたから糖尿病が心配という方から、
血糖値が高い状態が続き糖尿病の治療が必要と言われた方など状態は様々です。
血糖値を下げるには、状態に合わせた適切な方法が必要となります。

正常な血糖値は、空腹時(100mg/dl以下)食後(140mg/dl以下)ヘモグロビンA1c(6.2%未満)です。
この数値を超えると以下の表のように境界型糖尿病(糖尿病予備軍)や糖尿病と診断されます。
血糖値が高いと言っても、糖尿病と予備軍では、血糖値を下げる方法は違うからです。

レベル
空腹時の血糖値
食後の血糖値
ヘモグロビンA1c
正常値
100mg/dl未満
140mg/dl未満
6.2%未満
正常値高値
110mg/dl未満
境界型糖尿病
110~125mg/dl
140~199mg/dl
6.2~6.4%
糖尿病
126mg/dl以上
200mg/dl以上
6.5%以上

血糖値は高過ぎても低過ぎても身体に重大な障害を起す!

血糖値が高い場合は、血液の濃度が高まり血管に動脈硬化が発生します。
さらに高い状態が続くと糖尿病の三大合併症といわれる
糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病性神経障など
重大な障害を引起す可能性が高まります。

逆に血糖値が低い(60mg/dl以下)と低血糖による障害が発生します。
症状は、頭痛・吐き気・めまい・冷や汗ですが、昏睡状態になることもあり
放置すると生命に関わる危険な状態になる場合もあります。

血糖値を調整しているのはインスリンというホルモン

食事に含まれる糖質は、分解されブドウ糖となってエネルギーとして使われます。
ブドウ糖は血液に混ざり全身の細胞へと運ばれるますが、膵臓からインスリンという
ホルモンが分泌され、細胞内にブドウ糖を取り込むという働きをしています。

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことですから、
食後はブドウ糖の量が増えるので血糖値が上昇します。その後、
インスリンがブドウ糖を取り込むため血糖値は徐々に下がります。

つまりインスリンが、血糖値の量を適切に調整しているのです。

糖尿病患者の95%がⅡ型糖尿病

ところがインスリンの働きが鈍ったり分泌量が減少すると
血糖値を調整できなくなり、やがて糖尿病を発症します。
これをⅡ型糖尿病といって患者の95%も占めています。

ひとたびⅡ型糖尿病を発症すると自力では血糖値を下げられなくなります。
Ⅱ型糖尿病患者の血糖値上昇値を分析すると糖質1gにつき血糖値は3~5mg/dlも上昇するそうです。
これを主食となる米・パン・麺類に換算してみると恐ろしいほど血糖値が上昇することが解ります。

ご飯一杯
食パン一枚
うどんorそば
中華麺
糖質55g
糖質27g
糖質42g
糖質70g
血糖値165上昇
血糖値81上昇
血糖値126上昇
血糖値210上昇

このように糖尿病になってから血糖値を下げる方法と糖尿病予備軍の内に血糖値を下げる方法では、
考え方も取り組み方も全く違うものとなります。まずは自分の状態を把握する必要があります。
そして状態に合わせた適切な方法で対処することが大切です。でわ、それぞれの方法を紹介します。

ページの先頭へ