糖尿病とは?

糖尿病という病気がどんな病気かと言うと、血液中のブドウ糖の量が増えてしまい、血糖値が正常値を超えた状態になる病気のことです。血液中にあるブドウ糖は、人間の生命活動に欠かすことができないものですが、主な働きは体内の各機能を動かすエネルギー源です。

このブドウ糖がなければ私たち人間は生きていくことができません。しかし、いくら人間の生命活動に欠かせないからと言って、血液中のブドウ糖の量が増えすぎてしまうと危険な合併症を引き起こすやすくなるので、常に血糖値を正常値の範囲で安定させる必要があります。

高血糖になってしまう原因とは?

血液中のブドウ糖の量が増えた高血糖という血糖値が正常値を超えた状態になる原因は、インスリンというホルモンの作用が影響していると言われています。食事をして体内に摂取した糖質は、腸に達するとブドウ糖に分解され、その後、血液中に取り込まれるので、血液中のブドウ糖の量が増えて血糖値が高くなります。すると、高くなった血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。

インスリンは、血液中のブドウ糖を取り出してエネルギー源として体内に蓄積するように働きかけ、血糖値が変動しないように調整してくれるのです。ところが、糖尿病の場合、インスリンの量が減ったり、インスリン自体が正常に機能しなくなってしまい、血液中からブドウ糖が取り出せなくなるので、血糖値が正常値を超えた高血糖の状態になってしまうというわけなのです。

Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病の違いとは?

日本人の糖尿病患者の大多数を占める2型糖尿病

日本人で1型糖尿病を発症する方が糖尿病患者全体のほんの数%ほどしかいないのに比べて、2型糖尿病を発症す る方の割合は、全体の約95%と日本人の糖尿病患者の大多数を占めています。このように日本人特有の糖尿病の タイプと言っても過言ではない2型糖尿病は、インスリンが分泌される量が減ったり、肝臓や筋肉の細胞でインス リンの働きが正常に機能しなくなった時に発症してしまいます。この2型糖尿病の基本的な治療として、食事療法 や運動療法が行われますが、あまり治療の効果が現れにくい場合には、血糖値を下げる薬を用いた薬物療法も取り 入れて治療を行っていきます。

2型糖尿病の原因は生活習慣と加齢

2型糖尿病は、日頃の生活習慣が大きく影響していると言われています。では、生活習慣においてどのような行い が影響しているかと言うと、暴飲暴食・飲酒・運動不足・肥満・喫煙などが挙げられます。日頃から当たり前の ようにこれらの生活習慣を繰り返していると、体内でインスリンの調整がうまくいかなくなって、2型糖尿病が 発症しやすい状態になってしまいます。さらに、加齢も2型糖尿病の発症原因とされていて、年齢を重ねることで 少しずつインスリンの分泌量や働きが低下し、高血糖の状態に招く危険性が高くなります。肥満がちな中高年の 方に2型糖尿病が多く見られるのはそのためです。

2型糖尿病を発症する時期

1型糖尿病の場合は、発症する時期が小児期から20代にわたる若い世代で多く発症するのが特徴ですが、2型糖尿 病は違います。2型糖尿病の場合は、発症原因に加齢があることもあり、高齢の方が発症しやすいと言われてい ます。このように、基本的に2型糖尿病は40歳以上の中高年に多く見られる糖尿病とされています。ところが、 最近では、中高年だけでなく徐々に若い世代でも発症してしまうことがわかってきています。理由としては、 食生活の変化などが挙げられ、以前と比べて食生活が欧米化していることが影響して、若い世代でも2型糖尿病を 発症する方が多くなってきています。

1型糖尿病とは?

すい臓が炎症を起こしてインスリン分泌量が減少

1型糖尿病は、すい臓が炎症を起こしてしまいインスリン分泌量が減ってしまうことで発症する糖尿病のことを 言います。すい臓には、ランゲルハンス島という5つの細胞で形成された細胞の塊があります。この5つの細胞の 中の一つで、血糖値を下げるためのホルモンのインスリンを分泌するβ細胞が破壊されることで、インスリン分 泌機能が低下した状態になってしまいます。その結果、すい臓からほとんどインスリンが分泌されなくなり、血 液中のブドウ糖の量が増えてしまうことで糖尿病を発症するというわけです。このようにして発症するタイプの 糖尿病が、1型糖尿病です。

1型糖尿病の原因は自己免疫とウイルス感染

すい臓が炎症を起こしてインスリン分泌量が減ってしまうことで発症する1型糖尿病ですが、では、一体何が原 因となってすい臓が炎症を起こしてしまうのでしょうか。原因としては、免疫機能の異常による自己免疫とウイ ルスの感染による突発性のものが挙げられ、この2つの原因のうち、免疫機能の異常による自己免疫が多いのが 特徴です。通常免疫機能と言えば、体外からの外敵の侵入を防ぐ機能のことですが、この免疫機能に異常が起こ り、正常に機能しなくなることで、すい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞を外敵と勘違いして攻撃してしまい ます。これを自己免疫と言い、1型糖尿病を引き起こす原因となっているのです。

1型糖尿病を発症する時期

日本人の糖尿病患者の大多数が2型糖尿病を発症していて、1型糖尿病を発症する割合は、全体の約5%ほどにす ぎません。このように日本人では発症する確率が低い1型糖尿病は、昔は小児糖尿病とも言われていたように15 歳以下の小児期から25歳くらいまでの若い世代で突発的に発症しやすい糖尿病であることから、昔は小児糖尿病 とも言われていました。基本的には、若い世代に多く発症する糖尿病ですが、近年の研究において、年齢を重ね るにつれて徐々にすい臓にあるランゲルハンス島のβ細胞が破壊されていく場合もあり、まれに高齢の方が発症 することもあるようです。

高血糖が引き起こす合併症と予防法

高血糖の状態をそのまま放っておくと、様々な合併症を引き起こしてしまいます。その中でも、毛細血管で発症する網膜症・腎症・神経障害を三大合併症と言います。また、大動脈などの太い大血管で発症する合併症には、心筋梗塞・脳梗塞などの命の危険性が高いものもありますので、しっかりと予防して血糖値を正常値の状態に維持する必要があります。

糖尿病によって発症する合併症を予防するために有効な方法が、食事療法・運動療法・薬物療法といった治療法です。これらの治療法で日頃から予防を心がけておくことで、血糖値の上昇を抑えることができ、合併症も防ぐことができるのです。

糖尿病の食事でお悩みじゃありませんか?
糖尿病の食事療法は、糖質・塩分・カロリー制限に加え、20~30品目の食材を使い栄養バランスも考慮しなければなりません。さらに1食あたりの栄養計算も難しいので長く続けるには手間も掛かります。そんな調理の悩みを解決するのが、糖尿病の宅配弁当です。

身体の機能を回復させる奇跡のミネラル!
糖尿病になると、あらゆる身体の機能が低下して免疫力も弱くなります。奇跡のミネラルを使えば身体の機能を回復させて本来持っている自己治癒力を高めることができます。自然と血糖値も下がると評判の水溶性珪素を試してみませんか?