アディポネクチンとは、大阪大学医学部の松沢教授によって発見された超善玉ホルモンです。

内臓脂肪が分泌するアディポネクチンの量が多い人は、健康で長寿であることが確認されていることから、糖尿病をはじめとする生活習慣病の改善に役立つと世界中の研究者により注目されています。主な働きは、血管のメンテナンスです。アディポネクチンは血液によって全身に流れており、血管の傷ついた個所を発見すると修復する働きをしています。

人間の強力な防衛システムの一つなのですが、アディポネクチンの分泌量は人によって違うそうです。金さん銀さんのように健康で長寿だった方を解剖すると血管年齢が若いという共通点があります。通常なら血管の内側に脂肪がこびりついて動脈硬化を引き起こしている筈なのに長寿の方は、とてもキレイな血管です。このように若々しい血管を維持できているのは『アディポネクチン』の分泌量が多い方の共通点でもあります。

逆に糖尿病や高血圧など生活習慣病の方は、血液中の脂質や糖質が多く血管の動脈硬化が進行しています。アディポネクチンを測定すると長寿の方と比べると分泌量が少ないことが解っています。そこのとからアディポネクチンの分泌量が少ないと血管の老化が進んでしまうのです。健康であるために血液の巡りが最も大切で、そのためには血管年齢が若いことが絶対条件となります。

またアディポネクチンには、インスリンの効きを良くする働きもあるため、分泌量が少ないと糖尿病になる可能性が高くなるとも言われています。アディポネクチンは私たち人間が持っている免疫機能の一つですが、これを強化することにより糖尿病を予防することができると言われています。

アディポネクチンの分泌量を増やすには?

NHK『ためしてガッテン』でも紹介されて一躍有名になったアディポネクチンですが、分泌量を増やすには幾つかのポイントが紹介されていました。もともと内臓脂肪が分泌するホルモンですが、内臓脂肪が増えると血液中のアディポネクチンは減少することが解っています。つまり肥満やメタボになるとアディポネクチンの分泌量が減少し糖尿病や高血圧になりやすくなるのです。内臓脂肪を減らす運動をすれば分泌量が増えるので、アディポネクチンを増やす『壁ネクチン体操』なども一つの方法と紹介されています。

また特に注目されているのは、アディポネクチンの分泌を促進するサプリメントです。

研究が進むにつれてアディポネクチンの分泌を促進する成分が次々と発見されたため、手軽に分泌量を増やすことができるようになりました。

ヘルスケア系情報番組に多数出演している岡部正医師が開発したドクターズサプリもその一つです。メタボや糖尿病をはじめとした生活習慣病全般に関わる健康維持に重要な『アディポネクチン』を活性化させることを目的に「自分自身が飲みたいサプリメント」というコンセプトで作ったのが『DSアディポ』というサプリメントです。実績ある専門医が、信頼のおける確かな根拠のもと提供しているので人気が高まっています。

岡部正先生のドクターズサプリ

期待できる効果について

アディポネクチンの分泌量が増えると様々な効果が期待できます。血管年齢を若く維持する効果により血液の循環を良くなれば、細胞の新陳代謝が活性化され身体の機能が正常に維持されるようになります。病気や体調不良は血液の巡りと言われているので、最も重要な部分をケアできることになります。

またインスリンの働きを良くして血糖値を下げ糖尿病を改善する効果も見逃せません。アディポネクチンによりインスリンを分泌する膵臓も活性化されるのです。さらに脂質の代謝もよくなります。中性脂肪や悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やすことも期待できます。

NHKの「ためしてガッテン」で紹介された世界で注目の成分アディポネクチンとは、体内の脂肪が分泌する超善玉ホルモンとして世界中が注目している成分です。アディポネクチンは、糖尿病や高血圧など生活習慣病と密接な関係をもっており生活習慣病の患者を調べるとアディポネクチンの分泌が減少する共通点があります。つまりアディポネクチンが減少すると糖尿病などになりやすくなります。そこで開発されたのがアディポネクチンの分泌を促進するサプリメントです。中でも岡部正医師が開発したドクターズサプリ『DSアディポ』に注目が高まっています。

ドクターズサプリ『DSアディポ』