TV番組「主治医の見つかる診療所」で放送された内容を紹介します。

これまでは、血液中に糖が増えると、その血糖値を下げる為にインスリンと言うホルモンが分泌され糖質が細胞に届けられて血糖値を下げる。という事が知られてきました。

しかしインスリンは、使われすに余った糖質を中性脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きをします。そのため、その量が多くなると血管の動脈硬化をすすめ、それが様々な病気を発症する原因となってしまうのです。

ところが、それとは全く違う方法で血糖値を下げてくれる物質が発見させました!それがAMPキナーゼと呼ばれている酵素です。このメカニズムを明らかにしたのは、首都大学東京 大学院 人間健康科学研究科教授 藤井宣晴博士の研究チームです。

インスリンとは全く別のメカニズムで血液中の糖を消費してくれるので、中性脂肪の改善や糖尿病予防につながります。

血糖値を下げるAMPキナーゼ酵素のメカニズム

藤井教授の話にによると、AMPキナーゼは普段はスイッチがOFFとなっていて何も働きていないそうです。ところが、一旦スイッチがONになると、筋肉細胞の中から働きかけて血液中の糖を抜き取ってくれるのだそうです。

AMPキナーゼのスイッチがONになり活性化されると、インスリンが分泌されなくても糖を筋肉に引き込んで使ってくれるのだそうです。その結果、糖が中性脂肪に変わりにくいため血液も改善されると言うわけです。

この物質の発見は、90年前に血糖値を下げるのがインスリンだと発見した以来の快挙なんだそうです。そして、このメカニズムに貢献したのが藤井教授なんです。

藤井教授は、1999年に米ハーバード大学のジョスリン糖尿病研究センターに留学。その翌年の98年、上司になるロ-リー・グッドイヤー博士が、「筋肉の収縮によってインスリンとは全く違う経路で糖が筋肉に取り込まれている」という画期的な論文を発表します。

その後、さらに詳しく研究が進められ筋肉細胞中にある「AMPキナーゼ」という酵素が糖を取り込んでいる事実を突き止めることになります。その研究プロジェクトの主任として参加していたのが藤井教授なんです。

AMPキナーゼ酵素を活性化する方法

では、どのようにしたらAMPキナーゼ酵素スのイッチをONにする事が出来るのでしょう。

AMPキナーゼをONにして活性化するには筋肉を動かす事が大切なんだそうです。筋肉を使うと細胞内のエネルギーが減ってきます。それによってスイッチが入るそうです。

藤井教授は、毎日自転車を乗ることでAMPキナーゼをONにして活性化しているそうですが、運動が好きな人ならいいですが、私のように運動をするのが苦手な人も多いかと思います。

ですが、安心してください!藤井教授の話では、無理に頑張って激しい運動をまとめてしなくても、少し息切れするレベルの運動をこま切れで、1日の合計が20分位の運動をすれば良いそうです。

例えば、自宅で実践するならステップエクササイズ。これは、ステップ台の昇降運動の事です。この運動をすることで体のなかで特に大きい太ももの筋肉を使うのでAMPキナーゼ酵素を効率良く活性化することが出来るんだそうです。

これに加えて、なるべく日常で階段を使ったり、掃除、布団を干すなど、トータルで20分運動をする事を心がけましょう。

また、小さなお子さんがいる方は、お子さんをおんぶしたりして遊ぶだけでも十分活性化することができるそうです。

その際のポイント!

  • 食べたら直ぐに体を動かす事で血糖値の上昇を抑えることができ、さらに中性脂肪も溜まらない。
  • 運動は続けないと意味がないので、続けられるチョコチョコ運動を見つけてすることが大切。

最後に

これまでも運動することで様々な病気を予防できることは良く言われてきました。

さらに研究はすすめられており、運動して筋肉を縮めることで、血管を若返らせるさまざまなホルモンが分泌される事が科学的に解明されているそうです。そのホルモンは何種類もあるそうですが、それをまとめて「マイオカイン」と言うそうです。

藤井教授の研究チームは、数10種類のマイオカインを発見しており今世界で注目されています。藤井教授は「心臓は収縮することで血液を送り出している臓器なんですが、筋肉も筋収縮することで体を動かすことができるとてもダイナミックな臓器」だと話していました。筋肉なるべく使うようにしたいですね。