ヘモグロビンA1c値とは?

血糖管理に欠かせないヘモグロビンA1c値とは?

血液中にある赤血球には、酸素を体全身に運ぶ役割があるヘモグロビンと言うタンパク質があります。ヘモグロビンは、ブドウ糖と結び付く性質があり、この結び付いたものをグリコヘモグロビンと言い、リコヘモグロビンの一種をヘモグロビンA1cと言います。

このヘモグロビンとブドウ糖が結び付いた量は、糖尿病かどうかを調べる血液検査でヘモグロビンA1c値として表すことができ、血糖値とともにヘモグロビンA1c値を調べることで、正しく血糖管理ができているかが判断できます。検査した日によっては、血糖値が低くなっていても、ヘモグロビンA1c値が高い場合があるなど、血糖値とともにヘモグロビンA1c値を調べることで、血糖管理の良し悪しを的確に判断できるのです。

過去の血糖値の平均値から血糖管理の状況を判断

血液検査でヘモグロビンA1c値を調べることで、過去の血糖値の平均値から血糖管理の状況を判断することができるようになっています。血液検査でわかるヘモグロビンA1c値は、過去の1~2ヶ月の血糖値の平均を表していると言われていて、検査時の瞬間的な血糖状況ではなく、長期的に血糖状況を把握することができます。

血液検査で調べる血糖値は、検査した瞬間の血糖値しかわからず、もしも検査日に食事をしてしまうと検査の瞬間だけ一時的に血糖値が上がり、食事療法や運動療法の効果が長期間続いているかは判断できません。ところが、ヘモグロビンA1cは、時間をかけて徐々にブドウ糖と結び付くことから影響受けにくく、例え検査日に食事をして血糖値が一時的に上がっても、過去の1~2ヶ月の血糖値の平均を知ることができるので、食事療法や運動療法などに関係なく、正しく血糖管理ができているかが判断できるのです。

ヘモグロビンA1c値の判断基準

ヘモグロビンA1c値の基準は、日本糖尿病学会が発表した血糖コントロールの指標と評価をもとに判断することができます。この血糖コントロールの指標と評価によれば、ヘモグロビンA1c値の正常値は、4.7~6.2%未満とされています。

検査結果の数値がこの正常値範囲内ならば、血糖管理が上手くできていたということになり、合併症などを発症する危険はあまり高くありません。しかし、逆にヘモグロビンA1c値が6.2%超えて6.5%以上になってしまうと、血糖管理が上手くできていなかったということがわかるので、糖尿病の可能性がかなり高いと判断することができるのです。

糖尿病の食事でお悩みじゃありませんか?
糖尿病の食事療法は、糖質・塩分・カロリー制限に加え、20~30品目の食材を使い栄養バランスも考慮しなければなりません。さらに1食あたりの栄養計算も難しいので長く続けるには手間も掛かります。そんな調理の悩みを解決するのが、糖尿病の宅配弁当です。

身体の機能を回復させる奇跡のミネラル!
糖尿病になると、あらゆる身体の機能が低下して免疫力も弱くなります。奇跡のミネラルを使えば身体の機能を回復させて本来持っている自己治癒力を高めることができます。自然と血糖値も下がると評判の水溶性珪素を試してみませんか?