インスリンの働きと機能低下による影響

インスリンが持つ働きとは?

血液中のブドウ糖は、食事をすることで増えますが、体内には血液中のブドウ糖が増えすぎないように、インスリンという血糖値を下げる働きがあるホルモンを分泌して、ブドウ糖の量が過剰に増えるのを抑制して、常に血糖値が正常値で一定になるようにコントロールされています。

インスリンが持つ働きには、ブドウ糖をエネルギー源として体中の各細胞に運搬する・肝臓や筋肉でブドウ糖をグリコーゲンに合成して貯蔵する・余分なブドウ糖を脂肪に分解して脂肪組織に貯蔵する・グリコーゲンがブドウ糖に分解されるのを抑制するなどがあり、これらのインスリンの働きによって、血液中のブドウ糖が増えすぎるのを抑制しているのです。

インスリンが分泌される仕組み

ホルモンの一種であるインスリンは、すい臓から分泌されます。すい臓には、ランゲルハンス島という5つの細胞で形成された細胞の塊があり、この5つの細胞の中の血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンを分泌するβ細胞で作られているのです。食事をして血液中のブドウ糖が増えると、β細胞からインスリンの分泌が始まります。

そして、体中の各細胞にブドウ糖が運ばれると、インスリンによって各細胞にエネルギー源として必要な分だけブドウ糖を取り入れたり、血液中の余分なブドウ糖をグリコーゲンや脂肪に変えて肝臓や脂肪組織に貯蔵したりして、血液中のブドウ糖を一定の量でコントロールしてくれるのです。

糖尿病によるインスリンの機能低下

血糖値を下げる働きがあるインスリンのおかげで、血糖値を一定にコントロールすることができるのですが、糖尿病になってしまうと、インスリンの分泌量や働きが低下してしてしまい、血糖値のコントロールができなくなるのです。1型糖尿病になると、すい臓が炎症を起こして、インスリンの分泌量が低下してしまいます。

また、2型糖尿病になると、インスリンの分泌量の低下に加えて、インスリンの働きが正常に機能しなくなったりします。このように、糖尿病によってインスリンの分泌量や働きが低下してしまうと、血液中のブドウ糖がスムーズの処理されなくなるので、高血糖の状態が続くというわけです。

糖尿病の食事でお悩みじゃありませんか?
糖尿病の食事療法は、糖質・塩分・カロリー制限に加え、20~30品目の食材を使い栄養バランスも考慮しなければなりません。さらに1食あたりの栄養計算も難しいので長く続けるには手間も掛かります。そんな調理の悩みを解決するのが、糖尿病の宅配弁当です。

身体の機能を回復させる奇跡のミネラル!
糖尿病になると、あらゆる身体の機能が低下して免疫力も弱くなります。奇跡のミネラルを使えば身体の機能を回復させて本来持っている自己治癒力を高めることができます。自然と血糖値も下がると評判の水溶性珪素を試してみませんか?