低血糖とは?

低血糖とは一体何?

高血糖になっている糖尿病の方は、上がっている血糖値を下げるために食事療法・運動療法・薬物療法などの治療が行われます。ところが、これらの糖尿病の治療が上手くいかないと、血糖値が正常値よりも低くなる低血糖という状態になってしまうのです。

通常、健康な方の血糖値は、食後で血液中のブドウ糖の量が増えても、インスリンの働きによって、大体80~110㎎/dlの正常値あたりで維持されていますが、低血糖になってしまうと正常値よりも血糖値が下がってしまい、様々な症状が現れます。低血糖の目安は70㎎/dl以下で、50㎎/dl以下の重度の低血糖になってしまうと、昏睡状態に陥る危険もあるので、正しい治療を行って血糖値をきちんと管理する必要があるのです。

低血糖になる原因とは?

低血糖は、糖尿病の治療で行われる食事療法・運動療法・薬物療法が上手くいかずに、血糖値の管理ができなくなって起こります。食事療法では、食事の量が少なかったり、食べる時間が不規則になったりする場合、運動療法では、いつもよりも激しい運動をしたり、運動量が多くなったりする場合に低血糖になります。

そして、食事療法や運動療法が上手くいかなかった場合に行われる薬物療法でも低血糖は起きます。薬物療法で使用されるスルフォニル尿素薬や速効型インスリン分泌促進薬は、インスリンの分泌量を増やして血糖値を下げる薬ですが、場合によっては、これらの薬が効きすぎてしまって、低血糖を引き起こす場合もあります。

低血糖で起こる症状と対処方法

低血糖で起こる症状は、血糖値が70~50㎎/dlまでの軽度の場合、倦怠感・脱力感・空腹感・手のふるえ・動悸・頭痛・めまい・あくび・冷や汗・目のぼやけ・集中力の低下など、様々な症状が現れます。まだこれぐらいの症状ならましですが、低血糖の状態がさらに悪化して、血糖値が50㎎/dl以下の重度の低血糖になってしまうと、体全身に痙攣が起こったり、最悪の場合、意識が低下して昏睡状態になることもあります。

これらの症状を回避するための対処方法としては、下がった血糖値を上げるためにすぐに糖分を摂取することです。そのため、病院ではいつ低血糖になってもいいように、ブドウ糖・砂糖・糖分の多い飲み物などをいつも携帯しておくように指導されるのです。

糖尿病の食事でお悩みじゃありませんか?
糖尿病の食事療法は、糖質・塩分・カロリー制限に加え、20~30品目の食材を使い栄養バランスも考慮しなければなりません。さらに1食あたりの栄養計算も難しいので長く続けるには手間も掛かります。そんな調理の悩みを解決するのが、糖尿病の宅配弁当です。

身体の機能を回復させる奇跡のミネラル!
糖尿病になると、あらゆる身体の機能が低下して免疫力も弱くなります。奇跡のミネラルを使えば身体の機能を回復させて本来持っている自己治癒力を高めることができます。自然と血糖値も下がると評判の水溶性珪素を試してみませんか?