血糖値をコントロールする薬について

薬物療法を行う目的とは?

糖尿病の治療を行う場合、症状が軽い初期段階では、まずは食事療法と運動療法を行って様子を見ます。しかし、症状の進行具合によって、いくら治療を続けても効果が現れないこともあります。その場合、こえらの治療に加えて薬物療法も取り入れていきます。

薬物療法を行う目的は、食事療法と運動療法を行っても上手くいかなかった血糖値のコントロールとインスリンの分泌機能の低下の改善することです。糖尿病で行われる薬物療法には、飲み薬と注射薬の2つのタイプがあり、1型糖尿病か2型糖尿病かで治療で用いられる薬のタイプも違います。

1型糖尿病と2型糖尿病での薬物療法の違い

糖尿病患者全体の約5%ほどしかいない1型糖尿病の場合、すい臓が炎症を起こしてインスリンが全く分泌されないので、治療薬ではなくインスリン注射による薬物療法を行っていきます。

一方、全体の約95%も占める2型糖尿病の場合、すい臓からインスリンは分泌されてはいるものの、分泌する機能が低下して分泌量が減っていたり、細胞でのインスリンの働きが正常に機能しなくなっている状態なので、これらを改善するために治療薬を用いた薬物療法を行っていきます。

このように、インスリンの分泌が期待できない1型糖尿病では、注射薬のインスリン注射、インスリンの分泌量や働きが低下している2型糖尿病では、飲み薬の治療薬を用いて薬物療法を行うという違いがあるのです。

糖尿病の治療薬の種類

2型糖尿病の薬物療法に用いられる飲みの治療薬にはいくつか種類があり、薬ごとに効果が違えば、作用する場所も違うという特徴があり、検査の結果次第では、1つの治療薬で済む場合もあれば、数種類の薬を併用する場合もあります。

食事によって上昇した血糖値を下げるためには、ブドウ糖の吸収や放出を抑制する効果があるα-グルコシダーゼ阻害薬などの治療薬が用いられ、空腹の状態なのに上昇したまま下がらない血糖値を下げるためには、インスリンの分泌機能を促す効果があるスルフォニル尿素薬(SU薬)・インスリンの各細胞での働きが正常に機能させる効果があるビグアナイド薬(BG薬)やインスリン抵抗性改善薬などの治療薬が用いられます。

糖尿病の食事でお悩みじゃありませんか?
糖尿病の食事療法は、糖質・塩分・カロリー制限に加え、20~30品目の食材を使い栄養バランスも考慮しなければなりません。さらに1食あたりの栄養計算も難しいので長く続けるには手間も掛かります。そんな調理の悩みを解決するのが、糖尿病の宅配弁当です。

身体の機能を回復させる奇跡のミネラル!
糖尿病になると、あらゆる身体の機能が低下して免疫力も弱くなります。奇跡のミネラルを使えば身体の機能を回復させて本来持っている自己治癒力を高めることができます。自然と血糖値も下がると評判の水溶性珪素を試してみませんか?