荒木裕の糖尿病レシピとは糖質を摂取しない
【断糖食】という画期的な食事療法

荒木裕の写真

糖尿病レシピによる食事だけで糖尿病を完治させる名医がいます。
それが兵庫県加古川市にある崇高クリニック院長の荒木裕先生です。

荒木裕先生は、元ハーバード大学の准教授で糖尿病や高血圧など生活習慣病を食事で改善する方法を研究し【断糖食】という食事療法を考案しました。

もともと海外では「ローカーボ療法」といって糖質摂取量を減らして、
糖尿病や肥満を改善するという食事療法が研究されていました。ところが
肥満は解消できても糖尿病を克服することは出来ないのが欠点だったのです。

しかし、荒木裕先生は「ローカーボ療法」を進化させた「ノンカーボ療法」を考案。
糖質の摂取量を制限すのではなく糖質を一切摂取しないという画期的な方法です。

糖尿病患者の多くは、インスリンの分泌量や減少し、働きが低下しているため、
どんなに糖質(炭水化物)の摂取量を減らしても、血糖値が上昇してしまいます。

糖質(炭水化物)摂取をすべてカットすることで食後でも血糖値は上昇しません。
血糖値が高くならないので空腹時の血糖値も正常値を超えるようなことがなくなります。
この状況でインスリンを投与すると低血糖を起こしてしまうためインスリンは不要となります。

これが荒木裕先生の【断糖食】と言われる糖尿病レシピです。

糖尿病レシピ【断糖食】で
糖尿病を克服できるメリットは大きい!

崇高クリニックに入院している糖尿病患者は、糖尿病レシピ【断糖食】を実践して、
今までに数千人を越す患者さんが、食事だけで血糖値を下げることに成功しています。

約2週間の入院生活を通して、断糖食のやり方や注意点をについて徹底した指導を受け、
退院後も継続して糖尿病レシピ【断糖食】を日常生活の中で実践できるようになります。
その結果、ほとんどの患者さんが、薬に頼らずに普通に生活しているのです。

糖尿病を完治するには、血糖値を下げるだけでなくインスリンの働きを回復させる必要があります。膵臓や肝臓の機能が回復してインスリンの分泌が正常にならない限り、糖質を摂取すれば血糖値は上がります。特効薬がない現時点では、ここまで回復するためには、それ相応の時間が必要なことは言うまでもありません。

しかし、血糖値が上がらない糖尿病レシピ【断糖食】を実践するメリットは、
あまりに大きいと経験者やご家族から高く評価されています。
主なメリットは以下の4つとなります。

【1】血糖値が上がらないから合併症の心配が無くなります。
【2】血糖値が低いので薬やインスリンが不要になります。
【3】食前や食後の血糖値の測定も必要なくなります。
【4】年間数十万もかかる医療費負担がなくなります。

このようなメリットだけでも価値がある上に、通院する時間や交通費などを含めれば
病院の治療と比較すると天と地の差があることが、お分かり頂けるのではないでしょうか?

私が糖尿病レシピ【断糖食】を勧める理由

実は、この糖尿病レシピ【断糖食】をお勧めするには訳があります。

私の父親が重度の糖尿病で度々合併症を発症し、失明寸前まで悪化したのに
糖尿病レシピ【断糖食】はじめて3ヶ月で糖尿病を克服し今では健康に暮らしているからです。

父は60歳を過ぎましたが、10年以上高血圧と糖尿病の治療を続けています。
1日の摂取カロリーは、たったの1600kcalで塩分制限もあり食事は悲惨の一言!
朝晩には8種類の薬を飲み、インスリン注射を手放せない生活が続く最悪の状況でした。

それでも年に何回かは、救急車で搬送される始末で、家族も手に負えない状況だったのです。
その時に健康雑誌で紹介されている荒木先生を知り、ダメで元々という考えで糖尿病レシピを始めました。

何の変化も無い治療法に
疑問を持ったのがキッカケでした!

しかし、始めるにあたり迷いが無かったワケじゃありません。

いろいろな文献を調べてみると医師の間でも糖質をカットする方法は賛否両論でした。
3大栄養素である炭水化物を摂取しないと栄養バランスを崩し体調を悪化させるから
お勧めできないという意見もネットで公開されていました。

自分が実践するなら迷うことは無かったのですが、
父親にやらせるのですから、責任重大であること感じたのです。
妥協を許さず納得できるまで調べようと徹底的に調べまくりました。

その結果、わたしが感じたものは、否定する意見には解決策が無い!ということです。つまり糖尿病学会の偉い先生まで、否定的な意見を書いているのですが、現実は、現在の薬物治療と生活習慣の改善がベストという話を繰り返しているだけです。

10年以上も糖尿病治療を受け続けた患者の身になれば、
変化が無いことに疑問を感じているのです。

 ●薬を飲んでいるのに糖尿病は治らない。
 ●食事制限をしているのに血糖値は下がらない。
 ●インスリン注射がなければ命が危ない。
 ●いつ合併症を起こすか恐怖が付きまとう。

今の治療を続けても変化がないなら・・・
万が一効果がなくても、試してみる価値があるのでは?
という気持ちが、どんどん強くなり父親に相談して決めたとういのが真実です。

食生活が変わり驚くほど
親父が元気になって本当に良かった!

糖尿病レシピ【断糖食】は、糖質を含む食品と脂質を多く含む
食品を食べなければ、あまりカロリーを気にすることもありません。
逆に糖質を摂らない分、摂取しなければなならい栄養素が指定されています。

今までの親父は、大好きな肉や魚もロクに食べていません。
ご飯も1食あたり80gと少なく満腹感も感じて無いと思います。

ところが今の食卓には、肉料理や魚料理が並びます。
たぶん驚いたのは親父ではないでしょうか?
もちろん食べ過ぎはいけませんが、食事が激変しました。

逆に糖質のカットはは徹底的に行います。ご飯も麺類は一切出しません。
そばやうどんもNGです。砂糖や糖分を含む果物もNGです。
揚げ物や天婦羅も一切NGです。
血糖値を上げる食べ物は、まったく食べてないという生活です。

3日目から血糖値が下がりはじめ
約1ヶ月で正常値で安定

食事の後は血糖値を測定し、インスリンを注射して血糖値をコントロールします。
しかし3日も経たない内に食後の血糖値が下がりました。
下がったというより、上がらない状態です。

また空腹時の血糖値も少しずつ下がり1ヵ月後には、正常値ちかくに!
さらに2ヵ月後にはヘモグロビンA1Cが8.9から5.9になりました。

この時の悩みはインスリンの投与です。
インスリン注射をすると低血糖によるショックを起こすからです。
主治医と相談してインスリンの量を調整を依頼して解決しましたが、
無理はしないようにとアドバイスをくれました。

その他にも血液検査の結果に改善がみられました。
中性脂肪・コレステロール・尿酸値は正常になり薬を止めました。
160以上あった血圧が120台になるなど・・・あまりの変化に驚いています。

糖尿病を克服する課題が分った!
時間は掛かけて完治を目指す

ここまでの状況から、糖尿病が完治したと思われるかも知れませんが、完全に糖尿病を克服したとは言えません。

糖尿病レシピ【断糖食】によりインスリン抵抗性が改善され、通常の生活に戻れる人も居るそうですが、あくまでも現時点では、血糖値を高める原因を取り除いた結果でしかないことは間違いありません。

インスリンの分泌や働きが正常になり、普通の食事をしても
血糖値をコントロールできる状態になれば糖尿病ではありません。
そこまで回復するためには、時間が必要のです。

しかし、今までのように薬やインスリンで血糖値を下げる必要はなくなりました。
血糖値の測定も必要ありませんし、医療費も定期健診以外は必要ありません。
糖尿病レシピ【断糖食】による効果は、親父を元気にしてくれたのです。

糖尿病の合併症の恐怖から開放されたのですから、
あとは親父の自己治癒力で肝臓や膵臓が回復すれば
インスリンの分泌も正常になると思います。

残す課題が明確になったのですから、親父も真剣に取り組むようになりました。
これって凄い変化だと思いませんか?今までの治療って何だった?と思います。

断糖食のやり方と注意点
正しい知識で行うのが基本です。

さて断糖食のやり方ですが、本来は荒木裕先生の崇高クリニックに通院する必要があります。
私の父親は通院や入院することが出来なかった為に、私がDVDを購入して実践しました。
これは荒木裕先生が通院できない患者のために断糖食の知識と方法を収録したものです。

この断糖食を実践する上での注意点ですが、血糖値を上げる原因である糖質(炭水化物)を
摂取しないことが基本となり、栄養バランスを保つために必須の食材が多数指定されています。

断糖食を行うには、正しい知識の元に正しい方法で実践しないと効果も期待できません。
逆に栄養バランスを崩してしまう可能性もあるので注意が必要です。
興味のある方は、DVDを参考に実践するようにしてください。

ちなにみ断糖食で血糖値を下げる効果を実感したい方は、3日間程度炭水化物を
食べないようにして血糖値を計ると下がっていることを体感できると思います。
しかし素人考えで長く続けることはしないでくださいね。

荒木先生のDVDはコチラ

最後となりますが、断糖食を実践すると無理な減量をしなくても簡単にダイエットができます。同時に血液検査で数値が良くなるので本当に驚きます。自然と健康な体質に改善できると実感できるので、糖尿病の治療に必要不可欠なものと心から思います。

病院が指導する治療を否定するつもりはありませんが、何年も続けて変化が無いなら、解決策の一つとして挑戦する価値はあります。荒木先生の公式ページでも、体験者の口コミ情報が多数紹介されていますのでご覧ください。