血糖値を下げる食べ物とレシピ

血糖値を下げる食べ物に変えるだけで
糖尿病対策に抜群の効果を発揮する!

インスリンの分泌量が減ったり働きが鈍るⅡ型糖尿になってしまうと
自力で血糖値を下げられなくなり、インスリン注射などが必要になります。
しかし、血糖値が高目という段階であれば、食事の改善で血糖値を下げられます。

言い換えれば、この段階で食事の改善を行わないと糖尿病になってしまいます。
今までの食事を全面的に見直し、血糖値を下げる食べ物や食材を取り入れるだけで
血糖値を下げるだけでなく糖尿病を予防する効果が期待できます。

膵臓の働きを低下させない
それが糖尿病予防の基本戦略!

しかし、むやみに血糖値を下げる食べ物を食べたからと言って
100%糖尿病を回避できるとは限りません。効果を最大限に引き出すには、
血糖値を上げない食べ物食べ方をしていることが前提となります。

【1】血糖値が上がらない食材を食べる。
【2】血糖値の上昇を穏やかにする食べ方。
【3】血糖値を下げる食材を食べる。

このように血糖値を下げる食べ物は、優先順位的にも重要視されません。
その理由は、明確です。食事をすれば血糖値が上がります。血糖値を下げようと
膵臓がインスリンを分泌します。しかし、常に血糖値が高い状態が続くと、
膵臓がフル稼働になり次第にインスリンが低下して糖尿病になってしまう。

血糖値が上がらない食材で
作った献立で膵臓の負担を減らす!

膵臓の働きを低下させないためには、膵臓の負担を軽くする必要があります。
そのためには、まず血糖値を上げない食べ物を中心に献立を考えます。
血糖値が上がらなければ過剰なインスリンの分泌を減らし膵臓の負担も減ります。

極端な話ですが、血糖値を上げる食材とは、糖質(炭水化物)だけです。
つまり炭水化物や糖質を含まない食材を使って献立を組み立てることが
もっとも簡単にできて最も効果のある方法です。

2つの食べ方を併用するだけで
血糖値の上昇が緩やかになる!

普通の食事でも食べ方を変えるだけで血糖値の上昇を緩やかに出来ます。
血糖値が急激に上がるとインスリンも急激に分泌され膵臓に負担がかかってしまいます。
つまり同じ献立を食べるなら、膵臓の負担を減らす食べ方をしなければなりません。

その具体的な方法とは・・・

【1】食べる順番を変える ※食物繊維から食べ始めると血糖値の上昇が緩やかになる。
【2】食べるスピードをゆっくり ※ゆっくりと噛んでたべると血糖値の上昇が緩やかになる

このように食べる順番とスピードを意識するだけで、急激なインスリンの分泌を抑えることができます。

血糖値を下げる食材で
作った糖尿病レシピを実践する!

血糖値を上げない食材で作った献立に食べる順番とスピードをマスターしたら
いよいよ血糖値を下げる食べ物を加えて、必要以上に血糖値の上昇させないようにします。

詳しくはコチラ

ページの先頭へ