血糖値を下げるサプリメント徹底比較

血糖値を下げるサプリとは、
どんな特徴があるのでしょうか?

血糖値を下げるサプリメントとは、体内で血糖値を調整する役目を担っているインスリン
というホルモンと同じような働きを持った成分を含んでいるサプリメントのことです。

主に糖の吸収をゆるやかにするペプチド・イヌリン・難消化性デキストリンなど
血糖値に働きかける成分を含むサプリの新製品が次々と発売されています。

さらに体内の脂肪から分泌される超善玉ホルモンのアディポネクチンが発見され
糖尿病など生活習慣病と密接な関係があることも分り世界で注目されています。
NHKのためしてガッテンなどで紹介され糖尿病の治療に期待されるようになりました。

血糖値を下げる作用が認められているトクホ(特定保健用食品)をはじめ
新しく発見された注目の成分を含むサプリメントまで幅広く紹介してゆきます。

私が水溶性珪素を飲み始めたのは『難病を克服する珪素の力』という書籍で紹介されていた記事がキッカケです。その記事とは、水溶性珪素を1日10ml摂取して人体に及ぼす実験結果では、血糖値が94mgまで下がり、ヘモグロビンA1cが6%台まで下がった。インスリン注射の単位を減らしながら1年4ヶ月後には、インスリン注射を辞めることが出来た。というものです。

当時の私は糖尿病と診断され薬物治療と食事療法を実践していましたが、3年間も続けているのに全く数値が改善されずにインスリン注射を手放せない状態でした。それなのに腎臓や肝臓の数値が悪化する一方で、このままでは人工透析が必要になるほど悪化の一途をたどっていました。このままではマズイ!なんとかしなければ!という時に出会った記事だったのです。

この書籍を執筆しているのは、現役の医師や医学博士です。だから信憑性が高い記事と思い、水溶性珪素を毎日10ml摂取することにしました。その結果、1年後には、血糖値もヘモグロビンA1cも下がりインスリン注射の単位を減らすことができました。まだまだインスリンを辞めるまでは行きませんが、水溶性珪素の力に感動したのは間違いありません。

ここでは水溶性珪素が糖尿病に対して、どんな作用が働いているのか?わたしが調べた情報をまとめてみました。私と同じよう
に糖尿病が治らないとお悩みの方は試されてはいかがでしょうか?ちなみに私が使った水溶性珪素濃縮液は、株式会社リプロが販売しているHyper Umo DK9(ハイパーウモ)です。

水溶性珪素濃縮液ハイパーウモDK9

天然のインスリンと言われる成分イヌリンを
含む前田の菊芋サプリメントが注目されている

糖尿病の主治医が数値に驚いた「前田の菊芋」は、天然のインスリン「イヌリン」の含有量が68%!
大阪大学の検証結果では、10名中8名が血糖値の改善に成功。また10名中9人がヘモグロビンa1cの改善に成功。

また【イヌリン】は、水分を含むとゲル状になり糖を包み込んで血糖値の上昇を
抑制するだけでなく善玉菌に有効な食物となり腸内の善玉菌を増やします。
同時に水溶性の食物繊維が腸内環境を良くするなどの特徴があります。

詳細はコチラ

NHK『ためしてガッテン』でも紹介された天然のインスリンと言われる成分【イヌリン】を摂取できるのが前田の菊芋です。実際に前田の菊芋が血糖値やHbA1cにどういう効果があるのか大阪大学で検証が行われています。糖尿病の方11名に対して1日3包の前田の菊芋を3ヶ月間飲んだ結果、血糖値とHbA1cに下がったそうです。前田の菊芋は医薬品ではありませんが、天然のインスリンと言われる成分【イヌリン】の効果によるものと考えられています。大阪大学の実験結果はコチラで公表されています。

前田の菊芋サプリ実験結果はコチラ

超善玉ホルモンのアディポネクチンを増やすために研究開発されたサプリメント!

NHKの「ためしてガッテン」で紹介された世界で注目の成分アディポネクチンとは、体内の脂肪が分泌する超善玉ホルモンとして世界中が注目している成分です。アディポネクチンは、糖尿病や高血圧など生活習慣病と密接な関係をもっており生活習慣病の患者を調べるとアディポネクチンの分泌が減少する共通点があります。つまりアディポネクチンが減少すると糖尿病などになりやすくなります。そこで開発されたのがアディポネクチンの分泌を促進するサプリメントです。中でも岡部正医師が開発したドクターズサプリ『DSアディポ』に注目が高まっています。

ドクターズサプリ『DSアディポ』

ページの先頭へ